フーの日日是好日

1歳児子育て中アラサー主婦による、育児と雑記ブログ。

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』。ほぼ日手帳みたいに180度に開いておすすめ。

こんにちは!ほぼ日カズンと無印の手帳との二刀流をし始めたフーです。

この2年、ほぼ日カズンで育児日記と自分のスケジュールを管理していた私。しかしやっぱり使い分けたいなと思い、自分用に無印の『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』 をこの度購入しました。

まだ使い始めていないものの、既に気に入っている点、残念な点がたくさんあるので、つらつら詳細を。

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』 

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』の表紙

私が購入したのは

●2019年3月始まり

●B6サイズ

●ホワイトグレー

●税込990円

のものです。ちなみに日本製。

無印には他にもマンスリーのみやバーチカルなど種類別や、A6やA5などサイズ違いが豊富に揃っています。

 

『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』の構成 

表紙裏には大きめポケット、裏表紙裏にはカードポケットがあります。

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』の表紙裏

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』の裏表紙裏

しおりは一本。シンプルな中に赤が映えて良きかな。

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』のしおり

肝心のスケジュール部分ですが、構成は以下の通りです。

●3年カレンダー

●イヤープラン

●見開きマンスリー(月の満ち欠け・六曜・月曜始まり)

●ウィークリー(レフト式)

●方眼ノート

おまけページは一切ありません。超シンプル。

以下、ざっと各ページを見ていきます。

 

3年カレンダー

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』の三年カレンダー

今年、来年、再来年です(2019、2020、2021)。残念ながら今年の休日の変更は対応していません。

 

イヤープラン

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』のイヤープラン

2019年3月~2020年2月。曜日は日曜日のみ色付です(赤)。

 

見開きマンスリー

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』の見開きマンスリー

月曜始まりで、月の満ち欠け・六曜があります。土日祝は特に青色や赤色表記ではなく、モノトーンです(日曜・祝日は薄いグレー)。

 

ウィークリー

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』のウィークリー

こちらもモノトーンです。いわゆるレフト式で右頁は方眼ノートになっており、5㎜間隔の実線です。

 

方眼ノート

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』の方眼ノート

ウィークリーの右頁と同じ方眼。見開き10ページと片側1ページあります。

 

気に入っている点

ただただこの三点が素晴らしい! 

 

<180度に開く>

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』が開いている様子

ほぼ日手帳でパタンと開くのを経験してしまうと、180度に開かない手帳はものすごく使いにくく感じます(^-^;

無印のこの手帳はほぼ日と同じ『かがり綴じ』なので、ある程度フラットに開きます。「ある程度」というのは、やはり少々浮いてしまうためです。とはいえ真ん中を手で軽く押さえればきれいに開くので、問題なしです。ほぼ日カズンとそれほど遜色ありません。

 

<シンプルで余計なものがない>

おまけの要素やおまけページは一切ありません。個人的にほぼ日の日々の言葉は必要なかった(その分書くスペースが欲しい)ので、それがないだけでスッキリ感じます。

また後ろのページにあるおまけページもほとんど見なかったので、これも同じくスッキリ感じますし、数ページとはいえ余分な厚みが無いのは嬉しいです。

 

<とにかく安い>

書店に並んでいる同じようなサイズ・構成の手帳は大体1,500円位でした(○橋書店やNO○TY )。

それに対して無印は990円。日本製でフラットに開く『かがり綴じ』なのにこのお値段。ほかの手帳って何であんなに高いんだろう??と思ってしまいます。

値段の理由はあるとは思うのですが、私には違いがわからないので無印で良いかな(^-^;

 

個人的に残念な点

わがままの範疇ばかりですが、個人的に残念な点は結構あります(^-^;

無印さんに届くと良いな。

 

<イヤープランが2月で終わる>

この時期に手帳を買う人って、年度で区切っている人が多いと思うのです。要は4月~翌年の3月。

マンスリーもウィークリーも3月まで対応しているので油断していましたが、イヤープランはまさかの2月まで…。

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』のイヤープランが二月で終わる件

活用案があったので、非常に残念です。2月を分割しようと思います。

 

<休日の変更に対応していない>

仕方がないのですが、高橋書店やNOLTYは対応していたので…。まぁ無印が高橋書店やNOLTYと同じくらい手帳に力をいれているとは思わないので、妥協するしかないですね。今年がイレギュラーなだけですし。

でもやっぱり残念です。何がって、無印はそれほど手帳に力を入れていないんだなぁと感じさせる辺りが(T_T)

 

<方眼が大きくて濃い>

好みの問題ですが、B6というサイズに対して方眼が気持ち大きいかなと。あとは線が濃い。

ほぼ日カズンの方眼はそれほど気になっていなかったので、両者の方眼を比較してみました。写真見にくくてすみません。左が無印、右がほぼ日カズンです。

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』とほぼ日カズンの方眼の比較

無印(B6)…5㎜方眼。実線。

ほぼ日カズン(A5)…3.7㎜方眼。破線。

カズンのが大きいのに方眼は小さいです。うん、やっぱり無印のはB6に対して大きいと思う。

濃いと思ったのは、実線と破線の違いが大きい気がしますね。

これで何が困るのかというと、自由度が下がるし、線が主張してくるのが嫌なのです。イラストや図を描いたらすごく気になります。

方眼については、破線で存在感が薄いほぼ日の方が断然好みです。

 

<しおりが一本しかない>

マンスリーページとウィークリーページに一本ずつ挟んでおきたい私。残念ながら一本しかないので、ウィークリーの方で活用したいと思います。

 

<背表紙に西暦の印字がない>

私は昔の手帳を棚にいれて保管しておくタイプなので、背表紙に西暦が欲しいのです。いつのものか一目瞭然ですからね。

しかし残念なことに、この手帳には背表紙の西暦表示がありません。

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』の背表紙

手帳使い終わったら、油性マジックで書かないといけないのか…。

 

<表紙の『.3』が、なんだかな>

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』の表紙にある『2019.3』の文字

これこそ完全にわがままな次元の話ですが、3月始まりだからといって、律儀に『2019.3』とつけなくても良いのになぁ、と思ってしまいます。私は年度で区切っているので、『2019.4』の方がしっくりきます。というか、『2019』だけでいいです。それか『2019-2020』とか。

どうしてこんな細かいこと言うのかというと、高橋書店やNOLTY の4月始まり手帳を店頭で見ましたが、見た限りではどれも『2019』だったからです。

ちなみにほぼ日は『2019 spring』で、3月とか4月とか限定していません。これはこれで良い表現だと思います。使いはじめの月が縛られないし、結構好き。春のウキウキ感がありますo(^o^)o

先にも述べましたが、この時期に買う人って主に年度で区切って4月~翌年3月の使用だと思っているのですが、どうなんでしょうか。イヤープランが翌年2月までという事実から推測される、無印の想定している(と思われる)3月~翌年2月の使用とか、無印のマイル積算の期間くらいしか合致するものないと思うのですが…。無印ファン専用手帳?うーん。

「ウチのこの商品は3月~翌年2月で使う人が殆どです!!」と言われたらスミマセンとしか言いようがないですが、そうでないならどうにかならないのかなぁ(T_T)

正直この『2019.3』の表記は、無印の商品管理の都合上、分かりやすいように書いているだけのように思えてなりません…。『2019』にすると1月始まりと区別がつかないから。

あるいはユーザーの実態でなく、3月から始まる手帳の構成に則しすぎか。もちろん正しいと言えば正しいんですけどね。

なんだかなぁ。私には、いまいちしっくりきません(T_T)

 

よくも悪くも気になった点

良くもあるし残念な気もするし…と評価が定まらない点です。

 

<土曜・日曜の表示色>

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』のマンスリー詳細

イヤープランの日曜(S)は赤色です。SaturdayとSundayでS被りだから色付けたのだと思うのですが、それならついでにに土曜も青塗ってほしいような、別にいいような。

マンスリーは日曜の色がグレーなのですが、このモノトーンのシンプルさで良いような、土曜日曜は色変えてほしいような…。

 

結局のところ、評価は?

残念な点をかなり多く長々と書きましたが、気に入っている点がかなりカバーしているため、総合評価は高いです。買って良かったし、既にリピートする気満々です。

あんなに残念残念言っていたのにウソくさいかもしれませんが、本当です(笑)。

私が求めていたのは、まさに『180度開く・シンプル・安い』なので、これをクリアしていればOKなのです。

 

私の使用方法(予定)

まだ書き込んでいないですが、ざっくりとこう使えればな、と。

 

<イヤープラン> 

2項目について○×をつける

●6:30に起きられたら○、ダメなら×

●23:00に寝られたら○、ダメなら×

産休育休に入って以来、どうにも生活リズムが整わず…(夫も出勤時間が決まっていないので余計に)。

睡眠が乱れると心身ともに影響が出るので、いい加減生活リズムを整えたいです。

 

<見開きマンスリー> 

●スケジュール管理

●月の目標を設定する

月の目標はゆるくてもいいので設定した方が、行動指針ができて良いかなと思います。

 

<ウィークリー左>

●その日のタスクを箇条書きで書き出す

●その日の三行日記をつける

タスクの箇条書きは、ほぼ日カズンでもやっていました。ほぼ日カズンは育児日記用にして、タスクの管理は無印に移したいと思います。

 

<ウィークリー右>

●ブログ・書籍・テレビ・SNSなどで気になった情報をメモ

●マインドマップを書く

これらをしたいがために自分用の手帳を買ったようなものです。ほぼ日カズンではスペースがなくできなかったので、楽しみ(*^^*)

 

<方眼ノート>

●ウィークリー右と同様の使い方

方眼ノートページ自体それほど枚数がないので、特に使い方は設定せずにウィークリー右と同じように使っていきたいと思います。

 

おわりに

春手帳なのに年度区切り(4月~翌年3月)派には残念な部分が散見されますが、それを補って余りあるほどの良さがあると思っています(^^)

無印良品週間に合わせて購入すれば10%offですし、良ければ一度店頭にてご確認くださいね。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▼これが私にはベストチョイスかも?!

www.fu-ririshihaori.com

 

▼ほぼ日カズンの週間ページ問題。

www.fu-ririshihaori.com

 

▼何とか週間ページが使えるようになりました。

www.fu-ririshihaori.com